事業譲渡が有効なケース

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 事業譲渡が有効なケース
事業譲渡は、経営者様の様々なお悩みの解決策となり得ます。

1.事業の選択と集中

 

  • 不採算の事業があるが、自力では改善できそうにない
  • ノンコア事業を切り離し、コアの事業に資源を集中したい
  • 事業を現金化して会社に資金余力を得たい

このようなニーズをもつ経営者様にとって、事業譲渡は有効な手段です。

 

事業譲渡における「事業」とは、設備等の有形財産だけでなく、事業の運営に必要となる営業権ブランド知的財産権従業員や顧客との契約などの無形財産も含めます。

譲渡するものと手元に残すものを個別に選定するため、株式譲渡と比較すると手続きが煩雑となりますが、手元に置きたい資産や従業員・契約などを選別することができます。また法律上、債権者に対して通知や広告を行うことなく手続きを行うことが可能です。

 

事業の選択と集中によって経営を効率化することができるとともに、譲渡事業も譲受企業とのシナジー効果により更なる発展を目指すことができます

 

2.必要な資産だけを手元に残す

競争環境の激化や経営者様の年齢の問題などにより事業を手放したいが、会社名義の不動産は引き続き手元に残しておきたい。

このような場合、事業譲渡であれば、事業だけを譲渡によって第三者に任せ、不動産収入など安定収益が見込める事業に特化した状態で会社を継続するという選択肢があります。

経営の一線からは退きつつも、経営者としての立場と安定収入を維持し、悠々自適な生活を送ることが可能となります。

 

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様に
エスネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

  • 本社東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館15F
  • 札幌支店北海道札幌市中央区北2条西3-1 太陽生命札幌ビル6F
  • 仙台支店宮城県仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル7F
  • 名古屋支店愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 名古屋三井ビル本館16F
  • 大阪支店大阪府大阪市北区堂島浜1ー4-19 マニュライフプレイス堂島ビル10F
  • 福岡支店福岡県福岡市博多区博多駅前2-11-16 第2大西ビル7F