事業承継に向けた準備の進め方

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 事業承継に向けた準備の進め方

 

事業承継を円滑に行うためには、早い段階で準備に着手することが最も重要です。

事業承継に向けた準備の進め方についてご説明します。

ステップ 1:情報収集と準備の必要性の認識

承継方法の検討や後継者の育成など、事業承継の準備には多くの時間を要します。

健康問題や経営環境の変化などによって経営者様が事業承継を具体的に検討し始めた時には既に手遅れになっていた、というケースも少なくありません。

 

まずは早い段階で事業承継の必要性を認識し、経営者様が概ね60歳に達した頃には、専門家への相談など事業承継の準備に取りかかることをお薦めいたします。

 

ステップ 2:経営状況と経営課題の整理

事業を円滑に後継者へ承継するためには、経営状況や経営課題、経営における強みと弱みなど、自社の現状を正確に理解することが重要です。

強みを伸ばし弱みを改善することで、事業承継後の事業の更なる成長と発展を目指します。

 

ステップ 3:事業承継に向けた経営の改善

事業の整理による本業の強化や財務状況の改善、ガバナンスや内部統制の向上など、ステップ2で整理した課題を改善し、経営状態を引き上げるための取り組みを行います

内部で承継する場合も、M&Aにより外部へ引き継ぐ場合も、事業の魅力を強化し「引き継ぎたくなる会社」へと魅力を高めていくことが重要です。

 

ステップ 4:事業承継の実行

ステップ3まで進めてきた準備をもとに、事業を承継します。

親族内承継の場合は、事業承継プランを策定し、それに基いて資産の移転や経営権の譲渡を進めます。

近年増加しているM&Aによる第三者への承継を行う場合は、仲介会社へ相談のうえ、譲受候補先企業とのマッチングや条件交渉を進めていくこととなります。

 

 

このように、事業承継には多くの準備が必要となるため、着手のタイミングは早いに越したことはありません。

当社では、事業承継を検討されるにあたってM&Aを含めた様々なご提案が可能です。

後顧の憂いなく事業を引き継いでいただけるよう、コンサルタントが経営者様に寄り添いサポートさせていただきます。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様に
エスネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

  • 本社東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館15F
  • 札幌支店北海道札幌市中央区北2条西3-1 太陽生命札幌ビル6F
  • 仙台支店宮城県仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル7F
  • 名古屋支店愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 名古屋三井ビル本館16F
  • 大阪支店大阪府大阪市北区堂島浜1ー4-19 マニュライフプレイス堂島ビル10F
  • 福岡支店福岡県福岡市博多区博多駅前2-11-16 第2大西ビル7F