会社の譲渡(株式譲渡)が有効なケース

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 会社の譲渡(株式譲渡)が有効なケース

 

会社の譲渡(株式譲渡)は、経営者様の様々なお悩みの解決策となり得ます。

1.後継者問題の解決

会社を引き継ぐ後継者がいない場合、会社の譲渡は非常に有効な選択肢となります。

清算や廃業という選択もありますが、その場合は従業員は職を失い、長年の取引先に迷惑をかけることにもなるため、

経営者様にとっては非常に厳しい決断となります。

また、清算や廃業にあたっては資産を個々に売却することになるため、会社・事業全体としての価値は評価されません。

資産よりも負債の方が多く残る場合は、廃業後も返済を続ける必要があります。

会社の譲渡により、こういった後継者の不在にまつわる問題を解決することができます。

 

2.会社の存続と更なる発展

企業の経営環境が厳しさを増すなか、特に経営資源に限りのある中堅・中小企業が単独で成長と発展を続けていくことは容易ではありません。

上場企業や大手企業など経営資源の豊富な企業のグループに加わったり、シナジー効果の見込める企業と連携することによって、

資金調達技術開発販路開拓人材の確保など、存続と発展に向けた事業基盤を整えることができます。

 

3.雇用の維持と継続

会社の譲渡によって志を同じくする新たな経営者に会社を託すことで、経営者様と苦楽をともにしてきた社員は

引き続き業務に従事していくことができます。

特に中堅・中小企業においては、従業員の実力が企業の魅力に直結していることが多く、引き継ぎ後も従業員の処遇が守られることが多いです。

会社の譲渡によって事業基盤を整えることでキャリア開発の機会が増加し、従業員の士気の向上に繋がるケースもあります。

 

4.創業者利益の獲得

苦労して会社を立ち上げ、現在まで継続・発展させてきた経営者様に対する報酬として、創業者利益を獲得することができます。

創業者利益の獲得というと「新規株式公開(IPO)」を思い浮かべる方も多いですが、上場メリットの減少や上場にかかるコストの増大などで、

株式公開による創業者利益の獲得の魅力は限定的となってきました。

このような状況の中、特に中堅・中小企業の経営者様にとって、会社の譲渡による創業者利益の獲得」は有効な方法として定着しつつあります。

 

 

このように、会社の譲渡(株式譲渡)は経営者様が抱える様々なお悩みの解決策となり得ます。

しかしながら譲渡の実現は相手があってのことなので、実際には全ての希望を叶えることは難しいケースも多く、

譲受企業の選定や交渉にあたっては希望する内容に優先順位をつけることが重要です。

 

優先順位を検討するにあたっては、経営者様のご意向はもちろんのこと、譲受企業の希望経営環境業界の動向など、

様々な要素が影響します。

状況によっては当初の優先順位を見直した方が良い局面もあり、そういった判断にあたっても、経験と知見を有するコンサルタントが経営者様と一緒になって最善の方法を検討して参ります。

 

当社では、会社の譲渡によって、経営者様により充実した次なるステージへと進んでいただきたいと考えております。

その実現のため、コンサルタントが経営者様と本音で話し合い、ご心情に寄り添いながら意思決定をサポートして参ります。

 

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様に
エスネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

  • 本社東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館15F
  • 札幌支店北海道札幌市中央区北2条西3-1 太陽生命札幌ビル6F
  • 仙台支店宮城県仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル7F
  • 名古屋支店愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 名古屋三井ビル本館16F
  • 大阪支店大阪府大阪市北区堂島浜1ー4-19 マニュライフプレイス堂島ビル10F
  • 福岡支店福岡県福岡市博多区博多駅前2-11-16 第2大西ビル7F