M&Aのメリット・デメリット

  1. >
  2. >
  3. >
  4. M&Aのメリット・デメリット

中堅・中小企業のM&Aにおけるメリットとデメリットについてご説明します。

 

当社では、メリットとデメリットのそれぞれを理解したうえで経営者様にM&Aをご決断いただけるよう、コンサルタントが寄り添いサポートさせていただきます。

 

 M&Aのメリット(譲渡企業側)

① 後継者問題の解決

昨今、多くの中小企業が後継者の不在という問題を抱えています。

  • 高齢だが後継者がいない
  • 健康問題が生じてしまいった
  • 子供には事業を継ぐ意思または能力がない
  • 子供には好きな道を歩んでほしい
  • 子供に個人保証・巨額の債務を引き継がせたくない
  • そもそも子供がいない
  • 従業員や役員の中に社長を引き継ぐような人材がいない
  • 後継者候補の従業員に会社を買い取る資金がない
  • 従業員に個人保証・巨額の債務を負わせられない

など、経営者様にとって後継者問題は重要かつ非常にデリケートな問題です

友好的なM&Aによって譲受企業に会社を任せることにより、後継者問題を円滑に解決し、安定して事業を継続・発展させることが可能となります。

 

② 企業の存続と発展

M&Aの成立によって経営資源の豊富な企業のグループに加わったり、シナジー効果の見込める事業と連携が可能となることにより、販路の拡大・円滑な資金調達などが見込めます。

自社の弱点を補い、これまで自社の力だけでは難しかった事業展開が可能となることにより、企業の存続と更なる発展が可能となります

また、事業基盤の充実によって、これまでできなかった従業員の育成強化やキャリア開発が行えるようになるなど、M&Aが従業員の士気向上へつながるケースも多くあります。

 

③ 従業員の雇用安定

後継者の不在や経営環境の変化によって、やむを得ず会社の清算や廃業を選択する場合、経営者の方にとっての大きな気がかりは、苦楽をともにした従業員の雇用です。

M&Aを行い譲受企業に従業員を引き継ぐことで、雇用を守ることができます。

引き継ぎ後の処遇についても、中堅・中小企業においては従業員の実力が企業の魅力に直結していることが多く、実際のM&Aでは多くの場合に役員・従業員の雇用継続が条件として盛り込まれるため、雇用を守り安定させることが可能となります。

 

④ 創業者利益の確保

創業者は、M&Aにより会社を売却することで、事業の現金化を行うことができ、創業者利益を得ることでアーリーリタイアや新しい生き方を実現することができます。

創業者利益を得ることにより

  • セカンドライフを満喫したい
  • 利潤を元手に新たな事業を立ち上げたい
  • 経営ではなく得意分野に集中したい

など選択肢は様々です。

 

 M&Aのデメリット(譲渡企業側)

① オーナーでなくなる

M&Aによって株式譲渡を行うと、その後も事業に携わるとしても経営者としての立場はなくなります。

買い手企業側の意向に基づき、新たな経営体制の元で事業を運営していくこととなります。

 

② 引き継ぎの発生

ケース・バイ・ケースではありますが、中堅・中小企業のM&Aにおいては、多くの場合、M&A成立後も引き続き経営陣の一人もしくは顧問として、一定の期間業務の引き継ぎを行う必要があります

M&Aが成立したからといってすぐに業務から離れられるわけではないという可能性に留意し、早めに検討を始めることをお勧めいたします。

 

③ 買い手企業との融合

異なる企業文化の融合には相応の時間が必要となることが多いです。

社風や業務の流れ、従業員の処遇の統一などの配慮がスムーズに進まない場合、せっかくの事業シナジーが失われてしまう可能性もあります。

 

M&Aは、経営者様にとって大切な人生の選択です。

当社では、人間味あふれるコンサルタントが経営者様に寄り添い意思決定をサポートします。

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様に
エスネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

  • 本社東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館15F
  • 札幌支店北海道札幌市中央区北2条西3-1 太陽生命札幌ビル6F
  • 仙台支店宮城県仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル7F
  • 名古屋支店愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 名古屋三井ビル本館16F
  • 大阪支店大阪府大阪市北区堂島浜1ー4-19 マニュライフプレイス堂島ビル10F
  • 福岡支店福岡県福岡市博多区博多駅前2-11-16 第2大西ビル7F