M&A用語集
  1. >
  2. M&A用語集>
  3. 競業避止義務

競業避止義務

競業避止義務とは、M&A後に売主が対象会社と競業するような事業行為を行い、買主に損失を与えることを避けるために、売主が負う競業禁止の義務のこと。

M&Aにおける売主が、譲渡後直ちに同様の事業を開始してしまうと、買主がM&Aの目的を果たせなくなるため、M&Aにおける契約書では売主に対して一定期間・範囲の競業避止義務条項を盛り込むことが一般的である。

 

なお、事業譲渡の場合には会社法21条に明文規定があり、当事者間に何も合意がなければ同一市町村の区域内では20年の競業避止義務が発生する。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様に
エスネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

  • 本社東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館15F
  • 札幌支店北海道札幌市中央区北2条西3-1 太陽生命札幌ビル6F
  • 仙台支店宮城県仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル7F
  • 名古屋支店愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 名古屋三井ビル本館16F
  • 大阪支店大阪府大阪市北区堂島浜1ー4-19 マニュライフプレイス堂島ビル10F
  • 福岡支店福岡県福岡市博多区博多駅前2-11-16 第2大西ビル7F