M&A用語集
  1. >
  2. M&A用語集>
  3. 実質破綻先

実質破綻先

実質破綻先とは、実質的に破綻している状態にある債務者に対する金融機関の自己査定上の呼称である。

具体的には、法的・形式的な経営破綻の事実は発生していないものの、深刻な経営難の状態にあり、再建の見通しがない状況にあると認められるなどの状況である。

 

金融機関は、金融庁の「金融検査マニュアル」に従って各取引先を5つの債務者区分(破綻先、実質破綻先、破綻懸念先、要注意先、正常先)に分類する。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様に
エスネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

  • 本社東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館15F
  • 札幌支店北海道札幌市中央区北2条西3-1 太陽生命札幌ビル6F
  • 仙台支店宮城県仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル7F
  • 名古屋支店愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 名古屋三井ビル本館16F
  • 大阪支店大阪府大阪市北区堂島浜1ー4-19 マニュライフプレイス堂島ビル10F
  • 福岡支店福岡県福岡市博多区博多駅前2-11-16 第2大西ビル7F