事業承継M&Aトピックス
  1. >
  2. 事業承継M&Aトピックス>
  3. 中国勢、海外M&A最高 技術・ブランドに照準

中国勢、海外M&A最高 技術・ブランドに照準

中国企業が世界でM&A(合併・買収)攻勢を強めている。2016年1~3月は中国企業による海外M&Aの総額が1011億ドル(約11兆500億円)に達し、早くも過去最高だった15年通年の実績に迫った。国を挙げて海外の先端技術やブランドを取り込み、自国産業の高度化につなげる狙いだ。国内経済が急減速していることもあり、摩擦もいとわず海外に活路を求める動きが広がる。

 

(2016年4月20日付 日本経済新聞)

http://www.nikkei.com/article/DGXKASGM06H5K_Z10C16A4EA1000/

 

【コメント】

中国企業によるクロスボーダーM&Aが勢いを増している。

今年に入り僅か3ヶ月で昨年の通年実績に迫っている。

 

記事によるとその理由は大きく2つであり、

①産業の高度化を進めたい政府の意向

②国内景気への不安

とのことである。

 

また、記事ではふれられていないが、人民元の対ドルでの下落傾向が買収の牽引役にもなっているといえるだろう。

 

表面的に捉えれば、国としての先行き不安を、民間だけに委ねるのではなく、国も一緒になって取り組む姿勢は高く評価できる。

事実、我が国でも中国同様国内景気への先行き不安は抱えており、アベノミクスをはじめとした様々な政府介入により後押されているものの、上手く機能しきれていないことからも対比できる。

 

しかし、一方で危険信号も見える。

中国企業は、本当に買収すべき企業に対し正当な評価での取得ができているのかという点である。

 

このトレンドと焦りから、高値での買収を迫られ、受け入れてしまっている事実もあるのではないだろうか。

技術、ブランドに照準を合わせているといっても、それらを活かすも殺すもヒト次第である。

無理なM&Aをした結果としてヒトがついてこなければ買収資金を回収することすら難しくなってくる。

 

一見、景気のよいトピックスにも見られるが、リスクとリターンの両面から中国の動きを見ていき、日本企業も良い点については取り入れていく必要があるだろう。

Share on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Email this to someone

M&Aを真剣に考えられている経営者・オーナー様に
エスネットワークスは本気で寄り添い、M&Aを実現させます

  • 本社東京都千代田区丸の内1丁目8番1号 丸の内トラストタワーN館15F
  • 札幌支店北海道札幌市中央区北2条西3-1 太陽生命札幌ビル6F
  • 仙台支店宮城県仙台市青葉区大町1-2-1 ライオンビル7F
  • 名古屋支店愛知県名古屋市中村区名駅南1-24-30 名古屋三井ビル本館16F
  • 大阪支店大阪府大阪市北区堂島浜1ー4-19 マニュライフプレイス堂島ビル10F
  • 福岡支店福岡県福岡市博多区博多駅前2-11-16 第2大西ビル7F